BASEの特徴・評判は?ネットショップ国内最大級の理由まとめ|開設手順も紹介

どうもおかきぱん(@okakipanBANKER)です

この記事で解決できる悩み
  • 「物販を始めたい」
  • 「物販始めたけど、自分のサイトでやりたい」
  • 「BASEってどうなの?」
  • 「BASEの特徴は?」
  • 「BASEでサイトを作りたい」

こんな疑問を解決できる記事を書きました。

この記事を見れば、BASEの特徴がわかって、開設も簡単にできちゃいます。

>>BASEでのネットショップ「開設方法だけ知りたい」方はこちらから

BASEとSTORESの比較の記事もあるので、参考にしてみてください。

それでは、早速見ていきましょう

目次

ネットショップ「BASE」とは?

BASEは自分のネットショップを簡単に開設できるサービスです。

作ったその日から自分がお店の店長になれるんです。

BASEには次のようなメリットとデメリットがあります。

ネットショップ「BASE」のメリット

  • 利用者が多い
  • 専用アプリがある
  • 初期費用・月額料金が掛からない
  • 簡単にショップを作成できる
  • 決済方法が選べる

ネットショップ「BASE」のデメリット

  • 集客の工夫をする必要がある
  • 金額によっては手数料が大手より損
  • 追加デザインは有料

BASEの特徴①メリット

利用者が多い

BASEは「利用者700万人・ショップ130万店」もある国内最大級のネットショップ作成サービスです。

物を売るには買う人がいなければ成り立ちませんので、人数の多さは非常に重要。

有名な「メルカリ」は2020.6に利用者1,450万人だったので、BASEの利用者がいかに多いかわかりますね。

専用アプリがある

自分の販売サイトを作っても、購入用のアプリ開発までは手が回らないと思います。

BASEは購入者向けにも専用のスマホアプリがあり、より利用しやすくなっています。

今の時代、買い物する時スマホからやることが多いので、買い物アプリがあるかないかは非常に重視すべき点です。

初期費用・月額料金が掛からない

BASEで自分のサイトを作成するのに手数料が掛かりません。

毎月の決まった支払いもない為、開設は0円でできて、気軽にネットショップが開設できます。

ただし、商品が売れた場合には手数料が発生します。

手数料には「販売手数料」と「決済手数料」があります。

販売手数料決済手数料
3.3%3%+40円

1万円の物が売れたら、700円の手数料を支払う計算ですね。販売金額が高ければ高いほどお得になります。

操作が簡単

ショップの作成、サイトのカスタマイズ、顧客管理などネットショップ運営に関わる操作が非常に簡単に出来ます。

商品登録も入力項目が少なく、直感的に操作できるのでパソコンが苦手な人でも出来てしまいます。

BASEかんたん決済が使える

BASEには決済方法が6種類用意されていて、ネットショプ開設後自由に使うことができます。

BASEかんたん決済

  • クレジットカード決済
  • コンビニ(Pay-easy)決済
  • 銀行振込決済
  • キャリア決済
  • PayPal決済(Webページからの購入のみ)
  • 後払い決済

BASEの創業者がこだわったポイントでもあり、お店を開設したらすぐに決済機能が使えます。

通常、クレカ決済の導入などは審査期間や設置期間があり2週間〜導入まで時間が掛かってしまいます。

即日使えるようになるのは非常に助かりますね。

BASEの特徴②デメリット

集客の工夫をする必要がある

自分のサイトを構えるので、集客が必要になります。

楽天やAmazonに出店するのは、いわば商店街の一角にお店を出すようなもの。

しかし、自分のサイトでネットショップ出店するのは山道の脇道にお店を立てるようなものです。

なので、集客を工夫する必要があります。初めのうちは集客が難しく、売上もあげられないかもしれません。

ただ、BASEでは「BASE U」というサイトで運営ノウハウや導入実績を紹介している上、「スマホアプリ」や「ブログ機能」「メルマガ機能」が用意されています。

どうやったら表示されるか(アレゴリズム)が公開されていませんが、スマホアプリのおすすめショップに掲載されることもあります。

それらをうまく使うことで、「雑誌に載ってた山道脇のお店」、「繁華街のお店」にステップアップしていきましょう。

金額によっては手数料が大手より損

手数料は売買代金の「3.6%+40円」+「サービス料3%、つまり「6.6%+40円」です。

1000円の売買の場合

  • メルカリ:1000円×10%=手数料100円
  • BASE:1000円×6.6%+40円=手数料106円

販売金額が小さいとメルカリで売った方がお得です。

また、販売量が増えすぎてもカラーミーショップやSTORESなど月額料金が発生するサービスの方がお得になってきます。

最初から有料で始めるのは現実的でないので、あまり気にせずBASEから始めるというのも手ですね。

追加デザインは有料

BASEの基本デザインは11種類です。

他に27種類でデザインのテンプレートがありますが、有料になります。

有料デザインは5,000円〜で購入しなければなりません。

HTML編集という追加機能も用意されているので、知識があれば自分でデザインをカスタマイズすることもできます。

BASEの特徴③料金・手数料などお金について

追加機能に有料のものがある

BASEは月額料金がかからない代わりに、追加機能を使う場合には課金制で料金が発生します。

この追加機能のことをBASEでは「Apps」と読んでおり、無料と有料のものがあります。

無料Appsの例

  • 配送日設定
  • 独自ドメイン
  • クーポン発行
  • デジタルコンテンツ販売
  • 数量制限、予約販売、抽選販売
  • HTML編集
  • Tシャツ作成、スマホケース作成
  • Blog
  • Instagram広告    などなど…

有料Appsの例

  • BASEロゴ非表示:月/500円
  • 不正決済保証:月/980円〜
  • Twitter広告:月/9,900円   などなど…
BASEロゴ非表示

画面右上に表示されるBASEロゴを非表示にできる追加機能。自分のショップをブランド化したい場合には非表示Appsを活用することをおすすめします。

Twitter広告

Twitter広告を運用不要で行ってくれる追加機能。3ステップで設定でき、簡単にTwitterで商品を宣伝してくれるます。売上拡大していきたい時には検討したいAppsです。

不正決済保証

クレジットカードが不正利用された場合に売上を保証してくれる追加機能。月額980円、1,980円、2,980円の3種類あり、それぞれ5万、10万、30万まで保証してもらえる。決して安く無いので、取り扱い商品の単価が高い場合には検討しましょう。

無料・有料共にこれ以外にも追加機能のAppsがあります。

売上金は入金申請を行う必要がある

BASEは売上を入金してもらうには、申請する必要があります。

1日1回まで振込申請ができ、751円以上で上限100万円まで申請することができます。

振込申請の上限100万円はショップの実績によって、上限が伸びるようですが、基準は公開されていません。

入金申請後、10営業日で売上がお金として入金になります。

申請後10営業日で入金になる資金サイクルは優秀ですが、自分で申請しなければ売上金が入ってこないことに注意が必要してください。

出資法上、売上確定から180日以内に振込申請しないと、売上金の権利は消滅してしまいます。

また、「お急ぎ振込」サービスがあり、振込申請額の1.5%を手数料として支払うことで、最短翌営業日に入金されます。

BASEの振込手数料

先ほどは商品が売れた時の販売手数料と決済手数料に触れましたが、売上金を出金する時にも手数料が掛かります。

売上金の出金には振込申請が必要ですが、その際に掛かる振込手数料はショップ持ちです。

振込手数料はこのようになっています。

振込手数料事務手数料
2万円未満250円500円
2万円以上250円0円

2万円未満の振込申請には別途、事務手数料が500円発生します。

なるべくまとまった金額で振込申請するようにしましょう。

BASEの特徴④その他機能について

BASEにはメリット・デメリットで挙げた例以外にも特徴的な機能があります。

BASEの追加機能「Apps」をインストールすることでできることの幅が増えます。

オリジナルTシャツやオリジナルスマホケースの作成ができる

BASEでは「オリジナルTシャツ」や「オリジナルスマホケース」を無料で作成することができます。

しかも、受注があったら制作するので在庫を抱えるリスクもありません。

作成方法も画像や絵をアップして、型と色を決めるだけと非常に簡単。

ショップにファンがいればオリジナル商品の販売も夢ではないですね。

ただし、商品化になるので、自分に著作権がある画像や絵しか使用することができないことに注意が必要です。

ブログ、メルマガで集客ができる

BASEでショップがブログやメルマガを作成して集客することができます。

Blogは「Base Mag」というBASEのブログを集めたサイトに掲示され、ショップからも閲覧できるようになります。

ブログや集客方法がわからない場合でも、BASE自らが運営するブログメディア「BASE U」があります。

「BASE U」ではBASEの始め方や導入事例、運営ノウハウを公開しているため、初心者でも集客について学んでいくことができます。

BASEでネットショップを開設する手順

BASEでネットショップを開設するのは非常に簡単です。

5分も掛からずに開店出来ちゃいます。

必要なものもこれだけです。

BASEでショップを作るのに必要なもの

  • メールアドレス
  • パソコンかスマホ

BASEでショップを作る4ステップ

STEP
BASE公式にアクセス

BASE公式ページにアクセスします。

STEP
メールアドレスの登録
BASE HP

メールアドレス、パスワード、自分のショップのURLを決めて入力。

「無料でネットショップを開く」をクリック

STEP
各種情報登録

入力したメールアドレスに認証メールが届きます。

そのメールに記載のあるURLをクリックしてください。

入力項目

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 営業時間・定休日について
  • 販売価格について
  • 代金の支払い方法と時期
  • 役務または商品の引渡時期
  • 返品について

マーカーの引いてあるとこは「そんなのまだわかんないよ」って方もいると思います。

BASE 登録時入力項目

デフォルトで入力されているものがあるのでそのまま「保存」を押して進みましょう。

STEP
決済方法を選択して、登録完了!

「BASEかんたん決済」のどれで決済するかを選択します。

BASEかんたん決済

  • クレジットカード決済
  • コンビニ(Pay-easy)決済
  • 銀行振込決済
  • キャリア決済
  • PayPal決済(Webページからの購入のみ)
  • 後払い決済

後から変えられるので、上4つのチェックで先に進みましょう。(追加入力項目が出てきてしまう為)

販売予定商品とジャンル、屋号(お店の名前)を登録したら登録完了です

4ステップに感じないくらい簡単にできちゃいますね

BASEのショップカスタマイズ

BASEにショップを開設出来たら、自分なりにカスタマイズしてみましょう。

操作は非常に簡単なので、直感操作でできると思います。

少しだけ紹介しておきます。

商品登録

商品管理の画面から商品名・画像・価格などを入力するだけでかんたんに出品できます。

マイページ>商品管理

BASE 商品登録

サイトの編集

デザインの画面から編集できます。

直感操作でできるので、色々と試してみてください。

マイページ>デザイン

BASE サイトカスタマイズ1

追加したい項目をマウスでドラッグして持っていくだけ。

BASE サイトカスタマイズ2

こんな感じで反映されます。

まとめ:BASEはネットショップ初心者向け!
無料のBASEで簡単に自分のネットショップを作ろう!

今回のBASEの紹介をまとめるとこんな感じです。

BASEのまとめ

  • 簡単にネットショップが作れて、使用料無料
  • サイトを作成したらすぐにクレカ決済が使える
  • 成功するには集客を頑張る必要がある
  • カスタマイズ、ブログ、メルマガなどの集客サポートも充実

とにかく気軽に作れるのが魅力ですね。

BASEはこんな人におすすめ

BASEは他のネットショップ作成サービスと比べて、「無料・簡単・直感操作」でできます。

なので、「とりあえずやってみよー」と思っている初心者の方に向いているネットショップです。

ただし、売上が伸びてくると相対的に手数料が高くなります。

すでに実店舗を運営している方や販売実績のある商品でネットショップを開く方などは他のサービスの方が良いでしょう。

他のネットショップ開店サービスは別記事で紹介しています。

\1分で簡単作成/

ネットが苦手でも大丈夫!

おしまい!

プロフィール背景画像
おかきぱん
29歳現役銀行系営業マン。3年連続営業成績TOP3
2020.10.21〜ブログ開始、20代最後に色々奔走中
follow me

コメント

コメントする

目次
閉じる