クラウドバンクの特徴・評判は?|メリット・デメリットも紹介【貸付投資】

「短期〜中期の投資である程度利回りを確保したい」

「余った資金を貸付投資で運用したい」

そんな方に最も適しているのがクラウドバンク。

クラウドバンクはどの様なサービスで、どんな特徴があるのかこの記事を見ればわかる様になります。

メリットデメリットの他に、口座解説方法も紹介していきます。

目次

クラウドバンクとは?

サービス名クラウドバンク
公式サイトhttps://crowdbank.jp
サービス開始2013年12月
運営法人日本クラウド証券株式会社
法人設立年月1997年7月(旧ディー・ブレイン(株))
参考利回り7.09%
融資元本回収率100%
最低投資金額1万円〜
運用期間目安2ヶ月〜36ヶ月

クラウドバンクはソーシャルレンディングを取扱うサービスで、日本クラウド証券株式会社が運営しています。

ソーシャルレンディングは融資型クラウドファンディングとも呼ばれます。

企業がインターネットを通じて事業内容や構想を発信、賛同する投資家から資金を募る手法をクラウドファンディング と言います。

成果が出たら投資かに還元する「投資型クラウドファンディング 」と、お金を貸して利息収入を得る「融資型クラウドファンディング」があります。

クラウドバンクでは後者の融資型クラウドファンディング を取り扱う業者になっています。

クラウドバンク公式ページはこちら

クラウドバンクのメリット・特徴

クラウドバンクのメリット・特徴①運用利回りが高め

クラウドバンクは他の貸付投資サービスに比べ、利回りが高いです。

他サービスは2〜5%の水準が多いですが、クラウドバンクは2020.3末までの3年間に運用終了したファンドの実績値が7.09%になっています。

クラウドバンクは企業への貸付投資以外に不動産や太陽光など、高利回りの案件を扱っていることも一因ですが、それでお高い水準を維持しています。

将来の運用実績を保証するものではありませんが、銀行の預金金利0.01%に比べると700倍以上利回りが優れています。

かつて「10年で2倍」と言われた銀行の定期預金金利は7%です。

その金利と同程度の運用が行えるのは嬉しいですね。

クラウドバンクのメリット・特徴②1万円から投資できる

案件によって、最小募集金額が異なりますが、1万円〜投資できる案件もあります。

まずはお試しで運用できるのがメリットですね。

一方で、振込手数料を考えると低利回りの案件ではほとんどプラスが無い・むしろマイナスになってしまうこともあります。

振込手数料500円・利回り年4%の案件に1万円を1年投資した場合、儲けは400円なので、−100円の収支になってしまいます。

低額からお試しできるのは良い点ですが、儲けようとすると1万円から始めるのはおすすめできません。

クラウドバンクのメリット・特徴③運用の手間が掛からない

貸付投資は最初に投資先を選んでしまえば、あとは放っておくだけです。

クラウドバンクも同様で、投資してしまえば最初に設定された運用期間満了時まで基本的にすることはありません。

価格の変動も無く、ポートフォリオを組み直す必要も無いんです。

運用方針を最初に決めてしまえば、その後の手間が掛からないのもクラウドバンクのメリットの1つですね。

クラウドバンクのメリット・特徴④担保を取るなどリスク対策している

クラウドバンクでは案件によって、担保を設定しています。

担保とは、簡単に言うとお金を返せない場合に担保にしたものを売却してお金を返す仕組みのことです。

この担保により、万が一投資先がお金を返せなくても投資した元本を回収できる確率が高くなっています。

例えば、1億2000万を1年間借りる際に9000万の不動産を担保にしたとします。

「3000万円足りないじゃ無いか」と思うかもしれませんが、その限りではありません。

1ヶ月に1000万円返済なので、3ヶ月後には融資残高が9000万円になり、4ヶ月目に返せなくなったとしても不動産9000万円を売却することで、綺麗に借金を返済できるんです。

3ヶ月返済すらできない場合は、投資家の元本が失われてしまう可能性がありますが、投資先企業はそもそも1億2000万を借りているんです。

何か設備や不動産を購入して全額丸々使っていなければ、借入した金額を返済に回すこともできます。

なので、担保を取ると言うことは改修側からすると非常に有利な取引になると言えるでしょう。

今の所、元本回収率は100%

2021.3月時点で、クラウドバンクの有志回収率は100%です。

つまり、投資した金額を下回った運用収支は1件もありません。

元本が保証されていないのが、投資のハードルになっていますが、今までの実績では元本を下回ったことが無く安定して収益を出せています。

クラウドバンクのメリット・特徴⑤企業や不動産様々な貸付がある

クラウドバンクでは、企業へお金を貸す案件だけではなく、不動産事業や発電、企業支援など様々な案件が用意されています。

選択肢が多く、じっくり悩みたい場合には最適かもしれませんね。

クラウドバンクのデメリット・注意点

クラウドバンクのデメリット・注意点①貸付投資ではリスクが高め

貸付型クラウドファンディングで参考利回りが7.09%というのは、かなり高い利回りになります。

同様の貸付型クラウドファンディング を運営するBankersやイークラウド は2〜5%の利回りが中心です。

それだけ、事業者リスク=「お金を貸している先の経営リスク」があることには注意が必要です。

今まで元本回収が100%だからと言って、今後もそうなるとは限りません。自分で投資先の情報を集めて、しっかりと判断しましょう。

事業者リスクが高めな一方、担保を取るなどして貸付先が返済できなくなった際にも元本を回収する仕組みが備わっています。

その点は安心材料の日取ると言えるでしょう。

クラウドバンクのデメリット・注意点②案件が多く、初心者には取っ付きにくい

クラウドバンクでは不動産や発電、企業支援と取り扱い案件が多岐に渡ります。

なので、初心者にはどれに投資すればいいのか全くわからないというデメリットも存在しています。

同様の貸付投資を行うサービスでも、イークラウド やBankersは「企業への貸付投資」に限定しているので、案件を選びやすいかもしれません。

クラウドバンクのデメリット・注意点③元本保証がない

投資全般に言えることですが、クラウドバンクには元本保証がありません。

投資先が返済できなくなり、担保を処分しても集まった投資金額に届かない場合には出資の割合に応じて、元本割れするリスクがあります。

また、クラウドバンク自体が経営難に陥った際に、預けているお金も全て失うこととなります。

クラウドバンク自体の経営内容については「貸付投資企業の運用者リスクとは?代表3社の決算解説!」で詳しく解説しています。

クラウドバンクのデメリット・注意点④途中解約できない

クラウドバンクで投資した場合、途中解約することができません。

投資した案件が終了するまで、資金化されることはないので、余裕資金で自分に見合った期間の案件を選びましょう。

クラウドバンクのデメリット・注意点⑤案件によっては情報が公開されていない

クラウドバンクでは案件によって情報が公開されていないことがあります。

個人的には、情報が開示されていない案件への投資は絶対におすすめしません。

投資先が倒産する「事業リスク」がわからないだけではなく、投資詐欺の可能性も十分にあります。

「1回やってみて上手くいったから次も大丈夫!」と感覚で投資しているといつかババを引く可能性があります。

他人任せにするのではなく、自分でしっかりと投資判断を行い、投資するようにすることを強くおすすめします。

貸付投資過去の失敗事例から学ぶ場合はこちら

クラウドバンクで口座解説する手順

口座開設の申込

公式サイトにアクセス。

氏名や住所、出金先の口座情報など、口座開設に必要な情報を入力します。(10分程度)

本人確認書類の提示

マイナンバーカードや運転免許証など、本人確認に必要な書類をネット上にアップします。

審査

入力内容や提出書類を元に口座開設審査を行います。

入力内容の不備によっては時間が掛かりますが、最短1営業日で完了します。

着荷証明番号の入力

審査が完了すると、登録した住所に「口座開設審査完了通知書」が届きます。

そこには8桁の着荷町名番号が記載されているので、ログイン画面で入力しましょう。

無事にログインできれば、口座開設が完了します。

まとめ

投資後は管理の手間もなく、期日待つだけの貸付投資。

そんな貸付投資で、「10年で2倍と呼ばれていた定期預金7%」を上回る7.09%という驚異の運用実績があるクラウドバンク。

これからリスクがあると思われる、情報開示が少ない案件を避けて、自分なりに情報を分析して賢く投資しましょう。

今の所元本回収率は100%なので、しっかりと判断すれば預金の700倍以上の利回りを得ることもできます。

運営社(クラウドバンク)リスクも銀行員から見ても低く。案件の選定をしっかりすれば、賢い資産運用ができるサービスの一つだと思います。

マインバーカードや運転免許証があれば簡単に口座開設もできます。

良い案件はすぐに募集が締め切りになってしまいます。口座開設して案件を吟味して、いつでも投資できるようにしておくのが得策ですね。

クラウドバンク

\実績平均利回り7%越え/

元本回収実績100%の貸付投資

おすすめの貸付投資|ソーシャルレンディング 会社

企業への貸付投資ができるおすすめ貸付投資サービス3社はこちらになっています。

 

全て口座開設は無料で、投資手数料は掛かりません。(振込手数料負担はあり)

 

1円〜投資可
参考利回り1.5〜5%

1万円〜投資可
参考利回り2〜6%

1万円〜投資可
利回り実績7.09%

プロフィール背景画像
おかきぱん
29歳現役銀行系営業マン。3年連続営業成績TOP3
2020.10.21〜ブログ開始、20代最後に色々奔走中
follow me

コメント

コメントする

目次
閉じる