金利ってなに?|現役銀行員がわかりやすく解説!

どうもおかきぱん(@okakipanBANKER)です

いろんな金融系の記事で当たり前のようにでてくる「金利」

そもそも「金利ってなに?」という疑問に今回はお答えしていきます。

目次

金利とは?

金利とはお金を貸し借りした時に支払う利子のことです。

利子?結局なんなの?って感じですよね。笑

詳しく見ていきましょう

金利と利息

借りる人のアイコン画像借りる人

お金足りない。。。
100万貸してー!

貸す人のアイコン画像貸す人

はいよー。
レンタル料1%で1万円ねー。
返すときは101万円で返してね!

お金の貸し借りにはこのようにレンタル料(賃借料)が掛かります。

CDやレンタカーを借りて、レンタル料が掛かるのと一緒です。

貸した側はそのお金を使えなくなる上、返ってこない可能性もあるので料金を取るのは当然ですよね。

上記のように、金利は○○%で表示されて、利息は○○円されます。今回のケースでは、金利1%で利息は1万円ですね。

金利利息
表示方法○○%○○円
今回のケース1%1万円

このことから、金利と利息は言葉にするとこうなります。

覚えておきたいポイント

金利=お金の貸し借りに掛かる費用の割合(○○%)

利息=お金の貸し借りに掛かる実際の出費(○○円)

利息と利子

借りる人のアイコン画像借りる人

この間、お金借りたんよ。
そしたら、利子1万円も取られたんだよ?
ひどくね?

貸す人のアイコン画像貸す人

この間お金貸したんだ。
そしたら、利息の1万円しか払わないで、
貸した100万返してくんないんだよね。。

利息と利子は立場によって使い分けます。

今回のケースではお互いに「貸し借りで発生した費用1万円」に対して、「利息と利子」という言葉を使っていますね。

つまり、利息と利子で示している内容自体は一緒で、利息=利子だと言えます。

利子=お金を借りた人が支払う費用

利息=お金を貸した人が受け取れる儲け

利息収入とは言いますが、利子収入とは言いませんよね。反対に利子補給とは言いますが、利息補給とは言いません。

実際には厳密に使い分けていない為、このように覚えておきましょう。

覚えておきたいポイント

利息=利子=お金の貸し借りに掛かる実際の金額

金利の対象期間

ここまで、金利(%)と利息=利子(円)について見てきました。

金利は%表示なので、対象期間によって掛かってくる費用が全然違います。

例えば、1年間100万円のお金を借りた場合、

  • 1日で1%=365万の利息
  • 1月で1%=12万の利息
  • 1年で1%=1万の利息

金利の対象期間で支払い額が全然違いますよね。

一般的には金利は1年を対象期間として表示しています。この1年の割合のことを年率・利率と言います。

覚えておきたいポイント

金利=年率=利率=1年間お金を貸し借りした場合に掛かる費用や儲けの割合

金利が年率表示じゃない例

極道マンガで出てくる「トイチ」は「10日で1割(=10%)」です。

100万が10日後には110万、その110万の10%である11万が増えて121万に……..

ともの凄く恐ろしい貸し方です。絶対にヤミ金には手を出さないで!!

金利についてのまとめ

金利や利息、利子に利率に年率、、、、

いろんな言葉が出てきましたが、まとめるとこんな感じです。

金利の図解
  • 金利とはお金の貸し借りに掛かる費用や儲けを決める割合(%)
  • 利息とはお金の貸し借りに掛かる実際の金額(円)
  • 金利は1年間に対して計算する
  • 金利=年率=利率
  • 利息=利子

金利が関わるもの

お金を預ける(貸す)場合

お金を預ける場合、お金を貸すので、利息を貰ってその分儲かることができます。

お金を預けるものにはこのようなものがあります。

  • 銀行の預金
  • 社債の購入
  • 株の購入
  • 債券の購入  などなど…

預けたお金の利息収入や配当収入での「儲け」には税金がかかります。

2021年現在、儲かった金額に対して「20.315%」の税金がかかります。

覚えておきたいポイント

利息収入/配当収入−【利息収入/配当収入×20.315%】=実際の手元に残る金額

100万円銀行の預金に預けた場合、金利は0.001%なので、10円が利息収入となります。

10円−【10円×20.315%】=7円が1年に1回手元に入って来ます!わー、うれしいー(棒)

20.315%=住民税5%+所得税15%+復興特別所得税0.315%

お金を借りる場合

お金を借りる場合、レンタル料として、利子を支払うのでその分損をします。

お金を借りるのにはこのようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • 車のローン
  • 教育ローン
  • カードローン
  • クレカのキャッシング       などなど….

お金を借りた場合、その分損するので、「費用」として扱えます。

個人事業主や法人は費用として利用できるので、節税できますが個人にはそのような仕組みがありません。。。

唯一、個人でも借入を節税に使えるのは「住宅ローン控除」です。

住宅を購入した際には必ず手続きをしましょう。

総合口座の貸越機能に注意

銀行の口座には普通口座と総合口座があります。

普通口座

通常使っている自由に出し入れができる「普通預金」のみが使える口座

総合口座

「普通預金」と「定期預金」がセットになった口座

定期預金は1年や3年など期間を決めて、100万円など決めた金額を自由に出し入れできなくする預金ですね。

昔は「10年で2倍」と言われるほど金利が高く、預けるメリットがあったのですが、今は普通預金の金利とほとんど変わりません。

総合口座には定期預金に預けた金額に応じて、貸越できる機能がついています。

総合口座の貸越機能

定期預金に100万円預けていて、普通預金の残高が1万円しかなかった。

その日に10万円の引き落としがあったので、普通預金の残高は「-9万」になってしまった。

→これを「貸越し」と言います。

貸越機能は預けている定期預金の90%まで範囲に対応できます。 

つまり、「定期預金100万の90%までの範囲」=「−90万」までは普通預金に残高が無いと、勝手にお金を借りた状態になってしまうのです。

お金が定期預金にあっても、普通預金が不足する場合、「借りている」状態になってしまうので、利息を支払う必要があります。

金利は安く設定されていますが、お金を持っているのにお金を借りる状態になってしまうことに注意してください。

まとめ:金利はお金のレンタル料の割合

ここまでで説明した通り、金利はお金を貸し借りする際のレンタル料を決める割合です。

実際に支払うレンタル料は利息や利子と呼びます。

  • 金利とはお金の貸し借りに掛かる費用や儲けの割合(%)
  • 利息とはお金の貸し借りに掛かる実際の金額(円)
  • 金利は1年間に対して計算する
  • 金利=年率=利率=お金を貸し借りするレンタル料を決める割合
  • 利息=利子=お金を貸し借りするレンタル料の料金

また、お金を貸す場合には儲けとして、借りる場合には費用として利息が発生します。

株やFXなどお金を「運用する」のはまた別の考え方が必要なので、別の記事で説明しますね。

あわせて読みたい

おしまい!

プロフィール背景画像
おかきぱん
29歳現役銀行系営業マン。3年連続営業成績TOP3
2020.10.21〜ブログ開始、20代最後に色々奔走中
follow me

コメント

コメントする

目次
閉じる