Cocoonから「Swell」に乗り換えた理由と注意点|移行手順も解説【WordPressテーマ】

どうもおかきぱん(@okakipanBANKER)です

ブログ開設の動画やブログをみてCocoonでブログを始めた人も多いんじゃないでしょうか?

「ブログで稼げたらSWELLにしよう!」

私も最初はそう思ってブログを書いていました。

でも実際SWELLに変えてみて思ったのは、移行後の記事編集がまじで大変!

大変になる人が減ればとCocoonからSWELLへ移行した理由と注意点、移行の手順をまとめました。

この記事でわかること
  • 「SWELL」のメリット
  • 「SWELL」に乗り換える際の注意点
  • 「SWELL」に乗り換える手順

この記事を見れば「SWELL」乗り換えに関することがわかります。

目次

WordPressテーマ「SWELL」と「Cocoon」

SWELLとは

SWELL ロゴ

「SWELL」は有料Wordpressテーマの1つです。

『シンプルなのに高機能』のフレーズの通り、洗練されたデザインと直感的な操作が魅力です。

SWELLの主な特徴

  1. WordPressテーマの中でかなり新しい
  2. テーマ変更サポートがある
  3. ブロックエディターに特化している

WordPressテーマの中でかなり新しい

「SWELL」は2019.3〜発売開始で、まだ発売から1年9ヶ月しか経っていない最先端のテーマになっています。

テーマ乗換えサポートがある

開発者は了さん(@ddryo_loos)でSWELL愛が凄いです。

サポートが手厚いテーマになっています。

他テーマからの乗換えプラグインも作られていてスムーズに移行できます。

他テーマからの乗換えプラグイン

  • JIN→SWELL
  • SANGO→SWELL
  • STORK→SWELL
  • Cocoon→SWELL
  • THE THOR→SWELL

私はCocoonから乗り換えました。

その方法も紹介していきますね!(Cocoon→SWELL移行方法

ブロックエディター(Gutenberg)に特化している

今Wordpressに標準装備されているのはブロックエディタですね。

その魅力を最大限活かせるようかなり使いやすくカスタマイズされたテーマがSWELLです。

SWELL ブロックエディタ一覧
SWELL公式ホームページより

SWELL専用ブロックが用意されていてクリックで簡単操作できるのが魅力です。

ブロックエディタ関連のページ

>>目次へ戻る

Cocoonとは

Cocoon ロゴ

Cocoonの主な特徴

  1. 完全無料で利用できる
  2. ユーザー数が多い
  3. カスタマイズの自由度が高い

完全無料で利用できる

購入するものがなく、追加の課金等費用が一切かかりません。

ユーザー数が多い

ユーザー数が非常に多いので、困った時調べれば大体情報が出てきます。

Cocoonのフォーラムでは質問をすると詳しい方々が丁寧に教えてくれたりもします。

大体のことは解決できてしまうのがCocoonの強みですね!

カスタマイズの自由度が高い

CSSやHTMLで追加コードを書けば様々なカスタマイズができます。

私も使っていた時は600行程コードを書いてカスタマイズしていました。

初心者が取って付けたような知識で書いたためぐちゃぐちゃになりました笑

>>目次へ戻る

Cocoonから「SWELL」に変えた4つの理由

Cocoon→SWELLにした理由は主に4つあります。

おかきぱんがSWELLに変えた4つの理由

  1. シンプルなデザインが素敵
  2. 操作がサクサク
  3. 他のテーマに比べて新しい
  4. 購入者だけがアフィリエイトできる

順に見ていきます

「SWELL」はシンプルなデザインが素敵

SWELLのデザインはシンプルで使いやすいです。

主なものを紹介していきます。

スタイル1(グループ化で囲めない)

スタイル2(グループ化で囲める)

キャプション付きブロック

ブロック
ブロック
ブロック

吹き出し

おかき

やあ

STEP

STEP
SWELLを買う
STEP
SWELLを使ってブログを楽しむ

評価スター

他にもまだまだ色んな機能があります!

SWELL公式ホームページ(ブロックエディターで使えるSWELL専用機能)でも解説してくれています。

>>目次へ戻る

「SWELL」は操作がサクサク

使っていてまずまず思うのは、SWELLは操作性がほんとすごい。

なにこれ、魔法じゃん!と思って即購入しました。笑

再生時間が[2:04]と少し長いですが、こちらの動画もいろんな使い方が見れます。

検討する際は事前にチェックしてみてください。

私自身、使い始めて1ヶ月ほど経って、ようやく慣れてきました。

操作に関しては控えめに言って、マジで使いやすいです。

記事作成も書き終わって2〜3時間掛かっていたものが、記事作成と同時進行でできて、1〜2時間ほど減りました。

>>目次へ戻る

「SWELL」は他のテーマに比べて新しい

最初に紹介した通り、SWELLは2019.3〜発売開始で、まだ発売から1年9ヶ月しか経ってません。

新しいもの好きや他と被るのが嫌な場合は選択肢の一つになりますよね。

おかきぱん

私もまだ使っている人が少ないことが非常に魅力的に感じて購入しました

ただし、新しいが故にわからないことを調べても情報が出てきにくいことに注意が必要です。

>>目次へ戻る

「SWELL」は購入者だけがアフィリエイトできる

SWELLは購入者限定でアフィリエイトできます。

1購入=4,400円の収益が入ります。(2020.12現在)

つまり、4回買ってもらえれば元が取れます。

おかきぱん

発売してまだ約1年半なので
市場もいいですよね。。。

SWELLのアフィリエイトには4つの特徴があります。

SWELLアフィリエイト4つの特徴

  • SWELL購入者のみがアフィリエイトできる
  • 最後に経由したサイトが自分のサイトなら報酬発生
  • 審査がなく、すぐに利用可能
  • SNSでもアフィリエイト可能(2020.4〜)

SWELLのアフィリエイトでは、自分のサイトを経由したアクセスから30日の間に購入されれば報酬が発生する仕組になっています。

しかし、ポンポン購入してもらえるほど甘くはないので、参考程度に考えておきましょう!

SWELLアフィリエイトの公式ページでも詳しく解説してくれています。

>>目次へ戻る

Cocoonから「SWELL」に移行する際の3つの注意点

CocoonからSWELLに乗り換える際プラグインが用意されていて移行自体は簡単です。

しかし、いくつか注意しなければならない点があるので紹介します。

SWELL移行する際の3つの注意点

  1. カスタムHTMLで入力していたものが機能しなくなる
  2. 枠で囲ったものや文字色、マーカー線も消える
  3. プラグインの設定を忘れずに

SWELL移行でカスタムHTMLが機能しなくなる

ページジャンプ機能などカスタムHTMLで行なっていたものは再度やり直す必要があります。

また、スタイルシートにコードを入力して装飾していた場合も無になります。

コードで装飾していたものはSWELLのデザインが使えるようになるので、

SWELLのデザインが気に入った場合はそこまで気にしなくてもいいですね。

>>目次へ戻る

SWELL移行で囲っていたものや文字色、マーカー線も消える

Cocoon→SWELLの注意点

Cocoon→SWELLの注意点

Cocoon→SWELLの注意点

Cocoon→SWELLの注意点

といったものは全て無くなりました。

やり直しの手間が非常にかかるので、記事が多い人は大変だと思います。

ただ、自分のライティングを見直すいいきっかけにもなりました。

私は文字だらけの投稿が出来上がってしまい、ものすごく見づらくなりました。

その反面、今までマーカー線や文字色、枠で自分を誤魔化してただけなんだなーと痛感しました。

SWELLへ移行後直していない記事の一例です↓

文字だらけで凄いことになってますね笑

>>目次へ戻る

SWELL移行の際はプラグインの設定を忘れずに

私はCocoon時代にAll in One SEO Packを使っていましたが、

SWELLにする際「SEO SIMPLE PACK」へ切り替えました。

作者が同じで相性が良いとのことだったので。

その時にグーグルアナリティクスの設定を忘れ、しばらく0pvが続いた記録になってしまいました。。

乗り換える際はトラッキングIDの設定を忘れないように注意してください。

「SEO SIMPLE PACK」トラッキングID設定は

「SEO PACK>Googleアナリティクス」のタブからできます。

Google アナリティクス トラッキングIDの設定

>>目次へ戻る

Cocoonから「SWELL」への移行の仕方

Cocoon→SWELL ロゴ

※選択すればその項目に飛べるようになってます。


STEP
SWELLの購入

まずはSWELL公式サイトにアクセスします

\機能性バツグン/

中央の「DOWNLOAD」を選択

SWELL HP

利用規約同意にチェックし、「SWELLを購入する」を選択

SWELL購入画面1

クレジットカード情報を入力して、「¥17,600支払う」を選択して購入完了です。

SWELL購入画面2

購入が完了したら、購入者用サイトで「SWELL、SWELL子テーマ、乗り換えサポート用プラグイン(Cocoon)」の3つをダウンロードしてください。

>>STEP一覧に戻る

STEP
テーマのアップロード

購入が完了したら、Wordpressに移動します。

テーマ>外観」から「新規追加」を選択

SWELLアップロード1

ダウンロードしたzipファイルを選択してアップロードします。

親テーマ→子テーマの順でアップロードしましょう。

親テーマ:SWELL

子テーマ:SWELL-CHILD

SWELLアップロード2

不具合や型崩れが起きる場合があるので、テーマはまだ有効化しないでください

>>STEP一覧に戻る

STEP
Cocoonからの乗り換えサポート用プラグインをアップロード

引き続きWordpressで今度はプラグインの新規追加をします。

プラグイン>新規追加」から乗り換えサポート用プラグインのファイルをアップロードしましょう。

アップロードできたら「有効化」もお忘れなく!

>>STEP一覧に戻る

STEP
プラグインの整理

SWELLと機能が被っていたり、相性が悪いプラグインは停止しましょう。

重くなったり、不具合が起きたりすることを防げます。

機能が被っているプラグイン

  • Table of Contents Plus」などの目次生成プラグイン
  • Lazy Load」などの画像遅延読み込みプラグイン
  • Speech bubble」などのふきだしプラグイン
  • WordPress Popular Posts」など人気記事リスト作成プラグイン

不具合が起きる可能性のあるプラグイン

  • Autoptimize」などの圧縮プラグイン
  • EWWW Image Optimizer」などの画像圧縮プラグイン
おかきぱん

私は「EWWW Image Optimizer
を継続して使っていますが、
今の所不具合はありません。

入れ替えた方が良いプラグイン

  1. 「All in One SEO Pack」→「SEO SIMPLE PACK」へ
SWELL公式-非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについて-より引用

入れ替えておいた方が良い「SEO SIMPLE PACK」は開発者が同じで、相性が良いです。

これを気に入れ替えておきましょう

「All in One SEO Pack」→「SEO SIMPLE PACK」へプラグインを変えた際にグーグルアナリティクスのトラッキングIDも設定しておかないと計測できない期間ができてしまいます。

>>STEP一覧に戻る

STEP
SWELL-CHILDの有効化

いよいよ最後です。

テーマ>外観」にある「SWELL-CHILD」を有効化します。

有効化するのは子テーマのSWELL-CHILDだけなので注意してください

>>STEP一覧に戻る

STEP
Cocoonからの乗り換えサポート用プラグインの削除

STEP3で使った乗り換えサポートプラグインはもう使うことないので削除しておきましょう。

あとは記事をざーっと見直して修正していけば終わりです。

>>この記事の目次へ戻る

「いつか有料テーマにしたい」と思っている人は早めの移行を

私は約10記事ほど投稿してからSWELLに乗り換えました。

記載した通り、手直しの際は自分の記事を見つめ直すいい機会になりました。

しかし、2記事ほど多少修正して他は手をつけれていないのが現状です。

検索順位に応じてリライトするのは意味があると思いますが、

コンテンツが少なく、ドメインパワー0のサイトでしっかりとリライトする気力は今のところ起きていません。

だったら新しく記事を投稿しよう!

と放置してしまっています。

記事が多ければ多いほど、掛かる手間が多いため乗り換えは早めに慎重に検討してください。

実際、ブログ初心者仲間を見ていてもSWELLに変えてから更新頻度が下がる人も多いです。

おかきぱん

私もです笑

方向性に悩んだり、リライトの手間で時間を確保できないんだと思います。

SWELLは実際、デザインも操作性もすごい良いです。

そして、プラグインがあって「移行の」手間はほとんど掛かりません。

しかし、記事のやり直しにはかなりの労力が掛かるので事前にどうするか考えてみてください。

それでは、良いブログライフをー

おしまい!

follow me

コメント

コメントする

目次
閉じる